予防歯科

予防歯科

むし歯も歯周病も、歯を失う原因になる怖い病気です。

しかし、防ぐことのできる病気でもあるのです。歯の定期検診、定期的なメンテナンスを受けるのが当たり前になったらむし歯や歯周病に悩むことも少なくなるでしょう。

現在そして未来のお口の健康は、予防歯科がそのカギを握っています。

 

むし歯や歯周病に「なってから」ではなく「ならないように」行くのが予防歯科

 

予防歯科とは、むし歯や歯周病の予防を目的とした診療科目です。

医療の役割が「治療」から「予防」に変わってきた欧米では、歯科医療においても予防歯科が浸透しています。 「歯が痛くなってから歯科医院へ行く」ことがほとんどの日本に対し、「むし歯や歯周病にならないよう、定期的にプロのケアを受けるために歯科医院へ行く」というのが欧米の考え方。

歯の定期検診、定期的なメンテナンスを行うことは一般的で、多くの人が歯の大切さを認識しています。その結果、80歳のときに残っている歯の本数は、日本では平均9.8本(平成17年厚生労働省調査)に対し、欧米では15〜20本と歴然とした数字の差としてあらわれています。

動物は歯が無くなると死んでしまう、という話を聞いたことはありますか。 人間も、年齢を重ねても元気な人は、歯が健康である場合が多いのです。また、糖尿病や心臓病の一因は、歯周病にも関わっています。まさに口の中の健康維持こそ、身体全体の健康につながるといえるでしょう。

 

歯を失ってから後悔しないために習慣にしましょう、歯の定期検診、定期的なメンテナンス

スマイルむし歯や歯周病の原因は、口の中の細菌です。 この細菌がいる限り、むし歯や歯周病のリスクが必ず存在しています。あなたの大切な歯を細菌から守るためには、定期検診、定期的なメンテナンスがとても重要です。

当院の予防歯科では、歯の定期検診、定期的なメンテナンスとして、歯石の除去、PMTC(専門的な歯のクリーニング)、歯ブラシの指導、フッソ塗布などを行っています。

 

歯石の除去

歯の表面に付着している細菌のかたまり(歯垢)にカルシウムが沈着すると、“歯石”と呼ばれる石のようなものになります。この“歯石”や歯垢は、むし歯や歯周病の原因となります。また、歯石は毎日の歯磨きだけでは取り除けません。そこで、専用の機械などを使ってこれらの歯垢や歯石を除去します。さらに、歯の表面をなめらかにして汚れを付きにくくすることで、むし歯や歯周病が予防できます。

PMTC(専門的な歯のクリーニング)

PMTCとは、プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニングの略で、専門家による特殊な器具を用いた歯のクリーニングのことです。

  • むし歯や歯周病を引き起こす細菌のかたまりを取り除きます。
  • 歯の表面に付着した汚れや着色も除去し、きれいな歯にします。
  • フッ素入りペーストを使ったケアで、歯を強化します。

歯ブラシの指導

自分ではきちんと磨いているつもりでも、実際には磨き残しが多い歯磨き。その原因は、歯ブラシの使い方にあります。そこで、専門家である歯科衛生士が、お一人おひとりに適した歯ブラシの使い方をアドバイスいたします。

フッ素塗布

フッ素を歯に塗ることによって、歯の表面のエナメル質を強化し、むし歯になりにくい歯にします。

 

 

PMTCよくある質問Q&A

Q1.どれくらいの間隔で受診したらよいのでしょうか。

その方のリスクによって差があります。具体的には、歯や歯ぐきの状態、細菌の状態、唾液の状態、生活習慣などによって異なります。一般的には3~4カ月に一度程度でのメンテナンスをお勧めいたしますが、リスクの高い方は1~2ヶ月に一度程度、逆にリスクの低い方は6ヶ月に一度でも良い場合もあります。

Q2.どれくらいの時間がかかりますか。

その人のお口の中の状態や、予防の目的などによって異なりますが、20~45分程度です。

Q3.歯のクリーニングは痛くありませんか。

基本的には痛くはありません。しかし知覚過敏の場合(歯が冷たいものなどの刺激に敏感な場合)などでは、しみる感じがある場合もあります。そのような場合は、しみないような配慮をいたします。また、感じ方に個人差はありますが、クリーニング後は大半の方が爽快感と心地良さを実感されています。

 

当院では、むし歯や歯周病を予防するために歯の定期検診、定期的なメンテナンスをお勧めしています。

フリーダイヤル&お問い合わせ
このページの先頭へ