痛みの少ない治療
  • HOME
  • 痛みの少ない治療

痛みの少ない治療

むし歯があるけど、歯医者さんへは

痛いから行きたくない

・・と思っていませんか?

最近歯が痛むけど少ししたらおさまるから、と思っていたり、
「むし歯は治療をしないと治らない」と分かっていても、
やっぱり歯医者さんは苦手、といったことがありませんか?

でも、むし歯を放っておくと、だんだんと進行して、
最終的には大切な歯を失うことになるかもしれません。
歯は食べる喜びを与えてくれるとても貴重な財産です。
この貴重な財産である歯を1本でも失ってほしくありません。

当院では、そんなあなたが歯科治療に抵抗を感じないよう

『 痛みの少ない治療 』

に取り組んでいます。

歯医者さんに来て、一番はじめに待っている試練。

そう、それは「麻酔注射」ですよね。

子どもの頃に受けた麻酔の痛みが歯医者さん嫌いの原因のNo.1です。
そこで、当院では、

「麻酔注射の痛みを最大限に少なくしよう」

と考えています。

そのために、以下のような取り組みを行っています。

その1.針を刺す所に塗るタイプの表面麻酔を使って痛みを減らします!


歯医者さんで「麻酔をしますね。」と言われたとき、ちょっと緊張してしまいませんか?

また、健康診断の採血の時に、針が腕に刺さる瞬間…。

あの「チクッ」という痛み、

苦手な方が多いのではないかと思います。
人によってはあの痛みは「チクッ」ではなく「グサッ」
と感じる方もいらっしゃるようです。
麻酔が苦手な方の多くは、
苦手な原因は、あの針を刺すときの痛みのせいでもあるのです。

緑ヶ丘歯科クリニックでは「表面麻酔」と呼ばれる塗り薬を使って、
麻酔の針が刺さるときの痛みを少なくしています。

患者さんによっては
「いつ注射したか分からなかった」
ということを言われることもあるくらいです。

その2.とても細い注射針で痛みを減らします!


夏になると、蚊に刺されてかゆい思いをしたことが誰でもあると思います。

蚊は、針を刺してみなさんの血を吸っているのに、
どうして痛みがないのでしょうか?

それは蚊の血を吸う口の針がとても細いから気が付かないのです。

つまり
「針が細ければ細いほど痛みが少ない」
ということなのです。

そこで、緑ヶ丘歯科クリニックでは歯医者さんで使われている注射針の中で
「一番細い33G(ゲージ)」
という細さのものを使っています。

33Gというのは直径約0.26ミリというとても細い針です。
極細の針を使うことで、患者様の痛みを最小限に抑えることができます。

その3.麻酔液を温めて痛みを和らげています。


外から帰ってきて、手を洗う時に
いきなり冷たい水で洗うと、

「冷たいっ」

ってびっくりしてしまいますよね。
特に冬場は、ちょっと痛いくらいです。
逆に熱すぎても痛みを感じますし、下手したらやけどしてしまいます。

つまり
「温度差が大きいと違和感や痛みを感じる」
ということなのです。

これは麻酔のときも一緒で、
お口の中の温度と全然違う温度の液体が歯ぐきに入ってきたら
痛みを感じてしまいます。

ですので、緑ヶ丘歯科クリニックでは
「麻酔液を人肌に温める」
機器を導入しています!

これによって麻酔液がお口の中に入る時の
刺激を減らすことができるのです。

その4.電動麻酔器で注射液が入るときの痛みを和らげます。


麻酔の注射の時には、2種類の痛みが生じます。

一つは、針が刺さるときの痛み、
もう一つは、その後に麻酔薬が入るときの痛みです。

この二つ目の痛みは、麻酔薬が体内に入っていくときの圧力が刺激となり、痛みとして感じるものです。

「電動麻酔器」は、コンピュータ制御により、
麻酔薬を注入する際に、注入する速さを注射開始から緩やかに上がるように
「スピードをコントロール」します。

麻酔開始時はとてもゆっくりと麻酔薬を注入することにより、
圧力が急に上がって痛みが生じるのを防ぎます。
その間に少しずつ麻酔が効いてきますので
そうなると注入する速さを上げても圧力による痛みを感じなくなるため、
無理のない速さで麻酔薬を注入していきます。

このように、電動麻酔器は、麻酔薬が体内に入っていくときの痛みが最小限になるような、
理想的な注射を実現する機器です。

その5.究極はやはり人の手!?

電動麻酔器は、麻酔薬の注入速度を、
痛みの少ないようにコンピュータ制御によりコントロールする優れた機器です。

しかし、実際には、麻酔をする部位によって痛みの感じ方が違ったり、
同じ部位に同じ麻酔の仕方をしても、人によって痛みの感じ方が違ったりします。

究極的に痛みを最小限にしようと思うと、
麻酔の部位や、痛みの感じ方によって、針を刺している深さや、麻酔薬の注入速度を
リアルタイムに微妙にコントロールすることが必要になってきます。

つまり、
「機械ではできないとても繊細な技術」
が必要になります。

どのような場合に、どのような麻酔を行うか?

数多くの経験から、より痛みの少ない方法を選んで、麻酔を行うよう心がけています。

その6.お子様にはちょっとした配慮を。


麻酔の痛みに限らず、痛みというのは人によって感じ方が大きく違います。

特にお子様は、痛みに対して敏感であったり、注射に対する恐怖心がとても強かったりします。

そんなお子様が注射を目にしてしまうと、それまでの予防接種などの経験から、
「チックン」される!
と思ってしまいます。

どんなに痛みが少なくなるような工夫をしていても、麻酔の時には多少の感覚はあります。

その「多少の感覚」が、注射を目にした瞬間に
「チックン!!!」
の感覚に変わってしまいます。

しかも、経験したことのないお口の中に「チックン」となると、
お子様としては恐怖心は倍増です。

麻酔する前からとても怖いですし、
「多少の感覚」なのにとても痛がってしまう結果になります。

そこで当院では、ちょっとした配慮ですが、
麻酔に限らず、注射器に似た器具は、小さなお子様の目には触れないように配慮しています。

そうすることにより、
「チックン」を「多少の感覚」
することができます。

(ケースによってはどうしても我慢してもらわないといけない場合もあります。)

また、これは当院からのお願いですが、

お子様が何かできないことがある時に、
「そんなことだと注射してもらうからね」
とか、
受診する前から、「注射しないといけないかもしれないね」
などということは言わないようにしてください。

個人差はありますが、
受診する前から、「注射」のことで恐怖心一杯になってしまい、
麻酔に限らず、なんでもない処置ですら怖くてスムーズに処置を行えないことがあります。


当院では、このような取り組みにより、
歯医者さんを嫌いになってしまう痛みを、徹底的になくすよう努力をしています。

今後も緑ヶ丘歯科クリニックは、
患者様のために痛みの少ない治療を目指していきます。

フリーダイヤル&お問い合わせ
このページの先頭へ