院内感染防止対策
  • HOME
  • 院内感染防止対策

院内感染防止対策

緑ヶ丘歯科クリニックでは、患者様に安心して受診していただけるよう、院内感染防止対策に取り組んでいます。 院内感染とは、医療機関を受診する際に、もともと持っていなかった細菌やウイルスに新たに感染することです。つまり、歯科治療を受けることで、そのどこかの過程で、ある患者様の細菌やウイルスが、別の患者様や医療従事者、医療従事者から患者様へ感染してしまうことです。

ディスポーザブル

患者様のコップやエプロン、治療時に使う手袋や器具を置くトレー、注射針等、可能なものはディスポーザブル(使い捨て)のものを使用しており、他の方の細菌やウイルスに接触する機会が無いようにしています。ディスポーザブル

消毒・滅菌

オートクレーブ ディスポーザブルにできないものは、消毒・滅菌を徹底しています。 治療のために使用する多くの器具は金属製で、ディスポーザブルにはできません。ディスポーザブルにできない器具は、必ず消毒・滅菌しています。 滅菌とは、あらゆる微生物を完全に殺滅又は除去することです。 一度患者様に使用した器具は、主にオートクレーブ(高圧蒸気滅菌器)により滅菌して無菌状態にした上で、他の患者様へ再使用します。 滅菌した後、次に使用するまで滅菌された状態が維持できるよう、専用のパックに入れた状態で滅菌・保管します。

歯を削る機器の滅菌

歯を削る機器は、お口の中で使用する際に、唾液だけでなく場合によっては血液にさらされてしまいます。ですので、他の器具同様に歯を削る機器も患者様に使用した後は、滅菌する必要があります。 緑ヶ丘歯科クリニックでは、歯を削る機器を患者様ごとに交換し、滅菌できるよう、歯を削る機器の本数を揃え、使用したものは洗浄、注油、滅菌した上で再使用する体制を整えています。

クアトロケアとEXクレープ歯を削る機器

クリーン環境の診療室

口腔内バキューム 治療のためにお口の中で歯を削る際には、目に見えないほどの細かな削りかすが飛び散ります。また、空気と水を吹き付けながら削りますので水しぶきも飛び散ります。この水しぶきの中には、削りかすだけでなく、唾液、血液、細菌などが含まれます。また、お口の外で入れ歯や銀歯を調整する際にも、その削りかすや、唾液、血液、細菌などが飛び散ります。この飛び散るものを粉じんといい、診療室内に浮遊し、診療室内の環境だけでなく、スタッフや患者様を汚染してしまいます。
口腔外バキュームは、強力な吸引力によりこの粉じんを口元で吸引する機器で、緑ヶ丘歯科クリニックでは、全ての診療台に口腔外バキュームを設置し、診療室内の環境をクリーンに保ち、また、知らず知らずのうちに吸い込んでしまうのを防止しています。

フリーダイヤル&お問い合わせ
このページの先頭へ